タイの概要(微笑みの国にようこそ)

国名
タイ王国 (タイ語名:プラテート・タイ/英語名:Kingdom of Thailand )

国旗
中央の紺は国王、両側の白は宗教(仏教)、外側の赤は国民を表している
現在の国旗は1917年ラマ6世により採択
国歌  
「プレーン・チャート・タイ」(タイ王国国歌)は、毎日午前8時と午後6時の2回、学校、公共施設、公園等で流され、その間は起立し動かない事。また映画館や劇場でも上演前に「サンスーン・プラ・バラミー」(国王讃歌)か国歌が流される。

タイ王国国歌のダウンロード
国王讃歌のダウンロード (出典:
www.national-anthems.netより)

首都
バンコク (タイ語名:クルンテープ・マハーナコーン 英語名:Bangkok)
*ちなみにクルンテープは「天使の都」の意味。

正式名称:クルンテープ・プラマハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロック・ポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット


地理  
東南アジアの中心に位置し、国土面積は約51万4000平方キロメートル
(日本の約1.4倍;フランスとほぼ同じ大きさ)

ミャンマー(ビルマ)、ラオス、カンボジア、マレーシアと国境を接する


行政区分はバンコク都と75県(全ての県名はこちら

時差
日本との時差は-2時間。日本の正午がタイの午前10:00

日本(東京)からの所要時間は直行便で約6時間

気候
熱帯性気候
年間の平均気温は約29℃で、バンコクでは一番暑い4月の平均気温が35℃、一番涼しい12月の平均気温が17℃/年間降水量:約1700mm
季節は11月〜2月の乾期、3月〜5月の暑期、6月〜10月の雨期に分かれる


人口
約6500万人(内バンコクの人口は約600万人)

民族的には、タイ族が約85%、中華系が10%、他にモン・クメール系、マレー系、ラオス系、インド系が暮らしており、山岳部にはそれぞれの文化や言語をもった少数民族が暮らす


平均寿命
71.95歳(男性:69.65歳/女性:74.37歳)

政治体制
立憲君主制(1932年より)


国王
プミポン国王陛下 現国王:ラマ9世(プミポン・アドゥンヤデート国王陛下)
1927年12月5日生 (12月5日は父の日)
1934年 スイスに留学
1945年 スイス・ローザンヌ大学(政治学、法学)に入学
1946年6月ラマ8世王(兄)の死去により、19歳でラマ9世王として即位
1950年4月シリキット王妃陛下と御成婚
1950年5月戴冠式
1987年「大王」(Great King)の尊称を奉呈される

今年(2006年)在位60周年を迎えられ、英邁な君主として国民に敬愛されている

Bangkok Postの特集記事

*世界の王朝の中で最長在位記録


国会
上院(直接選挙制:定数 200人/任期6年)
下院(小選挙区:定数400人/比例代表制:定数:100名)の二院政
今年(2006年)は上院の選挙が行われた

内閣
現首相:タクシン シナワット(タイラックタイ「愛国党」)

20の省庁からなる(省庁の詳細はこちらから)

憲法
1932年最初の憲法が発布される
1997年10月新憲法が発効

年号
西暦の他にタイ独自の仏暦を使用。西暦2006年は2549年にあたる。
(西暦に543年を足す)

言語
タイ語
日常会話では地方によって方言があり、山岳部の少数民族は独自の言語を使用する

宗教
仏教(テラワーダ:南方上座部仏教):95%
イスラム教:3.8%
キリスト教:0.5%
ヒンズー教:0.1%
その他:0.6%

信仰の自由は憲法で保障される

教育
1978年より日本と同様 6.3.3.4年制 
(1999年新国家教育法の制定により義務教育期間は6年から9年間に延長される)

初等教育(小学校)就学率は100%、前期中等教育(中学校)、後期中等教育(高校)、高等教育(大学、公開大学を含む)の在学者は各々同学齢人口の84.6%、58.5%、29.5%

2学期制(1学期:5月15日〜10月1日、2学期:11月1日〜3月1日

タイ−教育事情のPDFファイル(138KB) (出典:海外職業訓練協会ホームページ


通貨
バーツ(Baht)、補助通貨サタン(1バーツ=100サタン)
*1バーツは約3円(2006年4月現在)

硬 貨
25サタン、50サタン、1バーツ、2バーツ、5バーツ、10バーツ硬貨の6種類。

紙 幣
20バーツ(緑)、50バーツ(青)、100バーツ(赤)、500バーツ(紫)、1000バーツ(グレー)の5種類
GDP
2004年のGDP 6.58兆バーツ  (日本のGDPの約34分の1)
一人当りGDP(2003年) 2,236ドル  (日本の約17分の1)
出典:在タイ日本国大使館

総貿易額 輸出:879億ドル 輸入:808億ドル (2004年度)
輸出相手国 アメリカ(15.9%) 日本(13.9%) 中国(7.3%) シンガポール(7.2%) マレーシア(5.4%)
輸入相手国 日本(23.6%) 中国(8.6%) アメリカ(7.6%) マレーシア(5.8%) シンガポール(4.4%)
対日貿易 輸出:135億ドル/輸入:224億ドル(2004年)
対日貿易では89億ドルの赤字
経済成長率 6.1% (2004年)
物価上昇指数 2.7% (2004年)
最低賃金
最低賃金は、バンコク及び周辺5県の175バーツ/日を最高に、北部、東北部9県の最低137バーツ/日まで15段階に細分化されている(2005年)
出典:在タイ日本国大使館
失業率 2.1% (2004年)
国防


タイ国防省は、大臣秘書官室、次官室、近衛局、最高司令部に区分され、最高司令部の下に陸軍、海軍、空軍が置かれている。
総兵力:正規兵:30.7万人(徴兵制2年間)/予備役:20万人
【内訳】
陸軍:19万人(うち徴兵7万人)
海軍:7.1万人(うち海兵隊2.3万人、徴兵2.6万人)
空軍:4.6万人
国防予算:2004年:780億バーツ(国家予算比7.6%、前年度比−2.4%)


祝祭日
2006年
行事
1月1日 お正月 New Year
2月13日 マカブーチャ(万仏祭) Makha Bucha Day
4月6日 チャックリー記念日 Chakri Memorial Day
4月13日〜15日 ソンクラーン (水掛祭り:タイ旧正月) Songkran
5月1日 メイデー May Day
5月5日 戴冠記念日 Coronation Day
5月11日 ヴィサカブーチャ(仏誕節) Visakha Bucha Day
7月10日 アサハブーチャ(三宝節) Asalha Bucha Day
7月11日 カオパンサー(入安居) Khao Phansa
8月12日 王妃誕生日(母の日) H.M. The Queen's B-day
10月23日 チュラロンコン大王記念日 Chulalongkorn Memorial Day
12月5日 国王陛下誕生日(父の日) H.M. The King's B-day
12月10日 憲法記念日 Constitution Day
12月31日 大晦日 New Year's Eve
土・日曜日と祝祭日が重なった場合、翌日は振替休日となります。
ビジネスアワー
職種 曜日 営業時間
銀行 月曜日〜金曜日
場所によっては土日、祝日営業している
9:30〜15:30
郵便局 月曜日〜金曜日
土曜日
8:30〜16:30
9:00〜12:00
中央郵便局、空港内の郵便局は24時間営業
デパート 毎日 10:00〜21:00
レストラン 屋台以外では午後一度閉めて夕方5時位に開ける場所が多い。
コンビニ 毎日 24時間