Okinawa Products

 

 

沖縄では季節ごとの「旬のまぐろ」が食べられます。本マグロをはじめキハダ・メバチ・ビンチョウと日本全国で漁獲されるまぐろ4種類全てが沖縄で水揚げされ、生鮮マグロ漁獲量は全国3位です。

マグロの養殖

この沖縄の美しい浜の沖合で黒マグロの養殖が行われています。浜から20分ほど船で出ますと、沖合に直径30M ほどの大きないけすが6つほど浮かんでいます。

マグロの中で一番人気のある、マグロの王様と呼ばれているクロマグロ(本マグロ)の養殖が行われているのです。クロマグロは近年その人気から乱獲が進み漁獲量が減少していますが、1990年代から国内外で養殖が盛んになり、2002年には近畿大学水産研究所が「完全養殖」成功し話題になりました。

ここ沖縄県本部町でも同様に近畿大学の協力を得て、クロマグロ養殖が行われています。

Brown Sugar

黒糖の原料となるサトウキビは、沖縄のサンゴ礁でできた大地で育ちます。そして南国ならではの太陽からの強い日差しを浴び、潮風が運ぶ美しい海のミネラル分をたっぷり含み成長します。

沖縄と言えば、透き通ったサンゴ礁の美しい海と、青い空、その下に広がるサトウキビ畑を思い浮かべる方が多いのではないのでしょうか。主要産業では圧倒的に観光業を中心とするサービス業の占める割合が多いのですが、農業に関して言うと、台風や暑さに強く沖縄の気候に適したサトウキビは全国生産高1位で年間80万トン近く生産されています。

黒糖の製法

沖縄黒糖の製法ですが、竹のような節があり2メートルほどの長さのさとうきびを小さく切断し、圧搾機に数回かけて汁を搾り出します。

不純物を沈殿させて濾過した液を何段階かに分けて加熱、濃縮し、攪拌しながら空気を含ませ、何も加工せずに冷却すると黒糖になります。このように新鮮なさとうきびの汁をそのまま煮詰めたものが沖縄県特産の黒糖です。

黒糖には糖分の他に、ビタミンB1,B2やカリウム、カルシウム、鉄、リンなどのミネラル成分を豊富に含んでおり、健康食品として多くの人々に親しまれています。

弊社では主に業務用の黒糖パウダー(1KGパック)、黒糖シロップを販売しております。

沖縄チャタンの塩

世界有数の透明度を持つ沖縄の青い海。この清浄な海水を、そのまま凝縮したのが、母なる海の力が宿る沖縄の塩です。沖縄では塩を「マース」と呼び、魔除けとして身に着けるほど大切にしています。

沖縄の海水を用いて製造された塩は、岩塩や食塩と比較して、骨粗しょう症などを予防し、イライラを鎮めてくれるカルシウムや、体内の余分な塩分の排出を助けてくれるカリウムなどのミネラル分が多く、中にはギネスに登録されるほどミネラルが多く含まれる塩もあります。ミネラルが多い分、塩分の占める割合が少ないことが特徴です。
沖縄は日本で最も塩分摂取量が少ない地域といわれ、そのことが長寿の一因とも考えられています。

本商品について

沖縄チャタンの塩は100%沖縄の海水から作られた塩です。低温(65℃)の蒸発濃縮方式でおよそ40時間じっくり丁寧に煮詰めて作られたため、ミネラル分が豊富です。普通の塩のような、刺すような塩辛さではなく、甘みのあるまろやかな味で、調理の際に個々の素材の味を引き立たせます。

日本で人気の商品です。